FXとは儲かるのか

コンピュータは必需品

FXとは儲かるのでしょうか。
これは、自己流でやっていても十分に勝ち目はあるのですが、本格的にやろうと思えば自己流ではいけません。
今では、FXとコンピューターは切っても切り離せない関係になっています。
自分の頭で判断して売り買いをするのではなく、コンピューターを活用して売り買いをすることでFXはほぼ確実に儲けを出すことができるようになるのです。
そもそもFXとは外国為替相場の変動を利用して利益を出そうとするものです。
日々のニュースで1ドルが110円だとか115円だとか言っているでしょう。
これが外国為替相場です。

トルコリラのスワップが高いFX会社はヒロセ通商やセントラル短資、そして、GMOクリック証券などのクリック365があります。おすすめは1,000通貨から投資ができるヒロセ通商ですね。リスクの高い通貨ですので、レバレッジをかけずにコツコツスワップを狙うのが良いでしょう。

— 官兵衛@投資情報つぶやき (@kanbei_toushi) 2018年8月16日
我々日本人の場合、基本的な物の考え方としてはできるだけ為替相場が円高のときに外国通貨を買い、円安になった時点で外国通貨を売って日本円に替えることで儲けを出すことができます。
例えば10万円の元手があったとして、手数料や金利を無視すれば、1ドルが100円のときにこの元手をドルに交換すると1000ドルになります。
その後、1ドルが110円と円安方向に振れたときに1000ドルを円に交換すれば11万円となり、差し引き1万円の利益になるという計算です。

コンピュータは必需品FXは運次第?コンピュータで効率のいい取引

FXとは | FXの取引単位「1枚とは」